今年も佐渡に寒気が訪れ始めた。久しぶりに顔

上一篇 / 下一篇  2019-02-26 22:51:31

今年も佐渡に寒気が訪れ始めた。久しぶりに顔を出した太陽は、またすぐに曇天に覆われるであろう。1559年、初冬。「幹部の皆様ぁー!必ず戻ってきて下されぇー!」「弥吉ぃ!植髮 forum人様達を頼んだぞぉぉい!!」引継ぎが順調に進み、予定よりも早く出立の運びとなった野球部の幹部達は、佐渡の港で信者との別れをおこなっていた。海側には多数の船が停泊し、陸側には別れを惜しんで詰め掛けた多くの信者がひしめき合い、本州へ向かう信者と佐渡に残る信者同士が長々と別れを惜しんでいる。その港に停泊している船の上から信者達に手を振る隼人は、「ひっそり出ようと思うて予定を早めたんじゃが…。これでは、離れにくくなるではないか…。」賑やかな送りだしに、笑顔で手を振りながら、軽い愚痴をこぼしていた。「ははは。ならば本州行きは取り止めても良いぞ。」同じく隣で笑顔を浮かべる弥吉が隼人に合いの手を返すが、「そうはいかん。これ以上、婚姻話に追い掛け回されたら、堪らぬわ。」笑顔とは裏腹に、苦々しく言葉を捻り出していた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2019-10-19  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

數據統計

  • 訪問量: 7553
  • 日誌數: 39
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2019-08-14

RSS訂閱

Open Toolbar