二の足を踏む景虎が、控えめに言葉を返すが、こうなっ

上一篇 / 下一篇  2018-10-12 15:16:50

二の足を踏む景虎が、控えめに言葉を返すが、こうなった隼人は、(このまま勢いで押し切ってやれ!このまま放っといたら、こいつは駄目になる!)と、全く退く気が無い。景虎の言葉を遮る澳洲大學 藍山うに、「先程、国主は疲れたって言うたばかりじゃろが!んなもん放っとけ!身内で阿呆な事やっとる奴らは、ヌシがおらんくなって、その大きさに気付くんじゃ!むしろ、今は、ヌシがおらん方が奴らには良い薬じゃろう!」そう言うと、「冒険の地が、島だなんて良いじゃねぇか!海を越え、怪獣を倒し、財宝を手に入れるぞ!」「…か、怪獣…なんぞ…どこに…」「そない細かい事は気にすんな!特別に勇者の称号はヌシにくれてやるから、行くぞ!」「…勇者…か…。ふっふっふ。」景虎も、いよいよ隼人の馬鹿らしい提案に感化され始めたのであろう。あまりにも幼稚な話を、真顔で真剣に言う隼人に再び苦笑し始めた。(よし。ようやく年相応な表情になってきたな。)そう考えた隼人は、「伝説の刀も一緒に手に入れるんじゃ!行こうぞ!景虎!!」瞳をキラキラさせて、景虎の肩に手を置いた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2020-07-09  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 11374
  • 日誌數: 41
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2019-10-28

RSS訂閱

Open Toolbar