定隆はその言葉に再度、浄隆を殴ると、「黙れ

上一篇 / 下一篇  2018-08-21 17:44:48

定隆はその言葉に再度、浄隆を殴ると、「黙れ!屋敷へ戻れ!!」と言って、部下達に指示し、浄隆を返させてしまった。定隆は、謝り続けている又爺の肩に手をかけると、「おヌシに酒店業 參觀のような姿は似合わん。今回は、ヌシの顔を立てて許す。しかし、今後同じ事があれば、浄隆も部下に示しがつかん。次は無いという事も分かっておいてくれ。」と声をかけた。その言葉に顔をあげた、又爺は、背中を強打し咳き込んでいるたっつんのもとへ行くと、皆の方を振り返り、「皆の者。こやつは本来であれば死罪の身。じゃが、頭目の広き懐で生かされることとなった。じゃが、皆、納得いかんじゃろう。見ておってくれ。」というと、動けないたっつんに馬乗りになり、力一杯殴り始めた。この拳は、たっつんにとって、とても痛かった。と、同時に、気が遠くなりつつあっても止まないその拳が、何故か温かくも感じられた。傍目から見ると殺してしまうであろうと、思える程の殴打に、たっつんは意識を失った。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2020-07-09  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 11379
  • 日誌數: 41
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2019-10-28

RSS訂閱

Open Toolbar