「…まだ、かかりそうだ。先に四国に行っててくれ。」

上一篇 / 下一篇  2018-08-21 17:39:53

「…まだ、かかりそうだ。先に四国に行っててくれ。」と、それらの質問に答え終えたGは、「…今日は特に用は無く、ここに来たのか?」と尋ねた。「いや、これを渡そうと思ってな脫發治療」隆行が葛籠をGに渡した。Gがそれを開けると中には大金が入っていた。「…隆行、遂に悪事に手を染めきったか。」隆行は、その言葉にブッと噴き出すと、「バ、バカ。お前、人聞き悪りぃな。俺が真っ当な商売で稼いだ金だ。」「…なら、いらん。」と、返すGに、受け取らない隆行が声をかけた。「大丈夫だ。俺は、これでも、相当な成金だぜ。ちなみにこれは百貫あるけど、今の俺には一万貫くらいある。一万貫って言ったら、約7億円だぜ。だから、遠慮すんな。なんか、ここで、やりたい事が、あるんだろ?それに使えんくても、あって困るもんじゃねぇだろ。」「…そうか。…マジでだな?」「あぁ。マジでだ。」隆行が真剣な目で答えると、葛籠に手をかけたGが、「…なら、もらっとく。」と、ようやく葛籠を収めた。それを満足げに見た隆行が、「ところで、G。お前ここでの事が済んだら、本当に四国に来るのか?」隆行は、菊の事が気になっていた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2020-07-09  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 11374
  • 日誌數: 41
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2019-10-28

RSS訂閱

Open Toolbar