(何だ?)不審に思うGは、すぐにその場で書

上一篇 / 下一篇  2019-02-05 20:10:50

(何だ?)不審に思うGは、すぐにその場で書状を開いて読んでみると、[他の者には内密に中村御所へ登城して参れ。]と書かれた書状と共に、中村御所へ裏から入城する方法の記された紙が入っていた。精華液 評價Gは、不審に思いながらも書状の出し主を確認すると、一条兼定の名前がある。(この地のトップからの呼び出しか。これはすぐに行かんといかんな。)そう感じたGは、清右衛門に「………少し抜ける。」と一言伝え、紙にある通りの方法で中村御所へと向かった。(誰にも会わないな…。)紙にある通りの道順で城へ向かうと、不思議な事に、全く誰とも出会わない。時折、どこかから視線を感じはするが、気が付くと、誰とも会わないまま城の中枢にまで入り込んでいた。(何か、奇妙だな。めんどくせぇ事になんねぇと良いけど…。)Gがそんな事を考えながら、紙にかかれてる部屋の前まで行くと、「………鍛冶場のGと申します。」部屋の中に声をかけた。すると、すぐに、「入れ。」との声が返ってきて、Gは静かに部屋に入る。すると、兼定が上座で一人姿勢正しく座っており、「そこへ座れ。」と、Gに着席を促した。部屋にはこの二人きりで、他には全く人の気配がない。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2019-02-17  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

數據統計

  • 訪問量: 2625
  • 日誌數: 36
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2019-02-11

RSS訂閱

Open Toolbar